iPhone修理

宅配のiPhone修理に適した梱包材

iPhoneを触っている女性

どこにいてもiPhone修理を頼める宅配サービスですが、故障中とはいえども、大事なiPhoneに余計な傷をつけないために、適切な梱包をすることが重要です。一部の業者を除いて、自分で資材を用意するのが一般的であり、自分のiPhoneにピッタリの箱などを準備する必要があります。
使い勝手が良いのが、iPhone購入時に本体が入っていた箱で、そのために作られていることもあって、内部でしっかり保護してくれます。場所をとるのですぐに捨ててしまう方もいますが、普段使わない付属品の保管からiPhone修理まで幅広く使える便利アイテムだから、できるだけ大切に扱いましょう。
すでに購入時の箱がなかったら、通販などでiPhoneの収容に適したサイズの段ボール箱を購入するか、既存の段ボール箱から小型版を自作するのが、主な解決策です。もしも新品を購入するのでしたら、併せて緩衝材であるエアーが入っているシート等も揃えておくと、より安全に宅配によるiPhone修理を進められます。
手続き上は、宛先などが書かれた伝票さえ貼ってあれば、どんな梱包でも送れますが、配送中に他の荷物と一緒に積まれることや、仕分け作業で色々な扱いを受けることを考慮すると、やはり衝撃から中身を守れる形態にするのがベストです。

新着ニュース

2017年05月16日
iPhone修理で多い故障とはを更新しました。
2017年05月16日
宅配のiPhone修理に適した梱包材を更新しました。
2017年05月16日
iPhone修理の注意点を更新しました。
2017年05月16日
iPhoneの画面割れは早めに修理を更新しました。